痩せてキレイになれたらどんな服が着たいですか?どこに出かけたいですか?
はるな愛さんが-10kgのダイエットに成功して美容と健康を両立させたミラクルスムージー!
美容と健康に意識の高い女性に支持されています↓↓

スムージー,ダイエット,効果,レシピ,作り方,便秘,おすすめ,ホット




ホットがおすすめ!#便秘解消#美容効果#かぼちゃ+さつまいも+牛乳のスムージーレシピ



こんにちは!管理栄養士のマキエです!


今回ご紹介するレシピは
「かぼちゃ」+「さつまいも」+「牛乳」のスムージーです。


便秘解消効果がとても高い組み合わせで、さらには美肌効果が高い栄養もたっぷり含んでいます。
特におすすめは、寒い冬や、冷房で冷えてしまった時などに温めてホットスムージーとして飲んでいただくと美味しいですので、まさに女性に飲んでいただきたいスムージーのレシピです。

 

材料とカロリー
下ごしらえから作り方
さつまいも、かぼちゃ、牛乳のそれぞれの栄養価や効果、効能
など詳しくご紹介していきます。







材料とカロリー

さつまいも 正味50g
かぼちゃ 正味50g
はちみつ 大さじ1
牛乳 3/4カップ

 

出来上がり 約220g
カロリー 279kcal
食物繊維 2.9g

このスムージーレシピのイチオシ栄養ポイントをご紹介します。

 

食物繊維とヤラピン、マグネシウム、乳糖で便秘改善効果

女性に多いのですが、食事量が少ないことが原因で便秘になるケースがよくあります。
そこで、かぼちゃとさつまいもに多く含まれる不溶性食物繊維によって便のカサを増して、腸のぜん動運動を活発化させます。

 

さつまいもを切った時に出る白い汁がヤラピンという成分です。腸の働きを促して、便秘解消の効果があります。
さらにマグネシウムは便秘薬の成分としても知られます。
牛乳に含まれる乳糖は、腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。
食物繊維+ヤラピン+マグネシウム+乳糖、4つの相乗効果で便秘解消にとても有効です。





下ごしらえと作り方

さつまいもの下ごしらえ
水洗いして水気をきっておきます。
皮つきのまま一口大に切ります。
ラップに包んで電子レンジで2分加熱します。

 

かぼちゃの下ごしらえ
スプーン等で種とワタを取ります。
皮つきのまま一口大に切り、ラップで包みます。
電子レンジで2分ほど加熱します。

 

作り方
ミキサーに、下ごしらえしたさつまいもとかぼちゃを入れ、ハチミツ、牛乳を入れてフタをしてかくはんします。

ホットが美味しくておすすめ

冬の寒い時期や、エアコンで体が冷えている時などは、出来上がったスムージーを鍋や電子レンジで加熱して、ホットスムージーとして飲むこともできます。
通常、ビタミンCは熱に弱く壊れやすいのですが、さつま芋のでんぷんが守ってくれるので、加熱してもビタミンCが壊れません

 

残った材料の保存方法と保存期間

サツマイモの保存方法と保存期間

さつまいもは水気や冷気にとても弱いので、新聞紙に包んで冷暗所で保存します。
2週間以上保存可能です。

 

かぼちゃの保存方法と保存期間

丸ごとの時は冷暗所で1〜2か月保存可能です。
一口大に切り、レンジで加熱した後でも、冷凍保存袋に入れて冷凍保存が可能です。

 

それでは、ここからは
かぼちゃ、さつまいも、牛乳のそれぞれの栄養価と効果、効能をご紹介していきます。





かぼちゃの栄養価と効果、効能

かぼちゃは女性に嬉しい美容成分が盛りだくさんな野菜なんです。アンチエイジングにも大きな効果を発揮してくれます。

 

ビタミンエースでアンチエイジング

アンチエイジングに欠かせない栄養が、
ビタミンエース(A、C、E)なんです。この3つのビタミンは抗酸化作用がとても強く、活性酸素を防ぎ、肌の老化を防いでくれます。
特にビタミンEは若返りビタミンとも呼ばれ、ビタミンCと摂ることによって相乗効果が生まれます。
かぼちゃにはこのビタミンエースがたっぷり含まれているので、美容ベジタブルと言っても過言ではありません。

 

カリウムでむくみ解消

カリウムは体内の余分な水分を排出する働きがあり、むくみ解消に有効な成分です。

 

その他、かぼちゃの効果、効能

・肌荒れ改善、美肌効果
・免疫力アップ
・眼精疲労の低減
・風邪の予防
・がんの予防
・骨を丈夫にする
などの効果、効能があります。






さつまいもの栄養と効果、効能

さつまいもは炭水化物が多い食材なので、食べ過ぎは太る原因となりますが、実は便秘解消以外にも嬉しい効果が盛りだくさんな野菜なんで適度に摂ることをおすすめします。

 

美肌効果が高いビタミンC

ビタミンCは女性には必須の抗酸化作用が強いビタミンです。肌の老化の原因である活性酸素を除去するのが抗酸化作用です。シミやソバカスを薄くしたり、美白効果、肌に潤いを与える効果など、美容ビタミンと言えます。さらには免疫力の強化や、疲労回復に効果があります。
しかも、通常ビタミンCは熱に弱いのですが、さつまいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに守られているため壊れにくいのです。

 

ビタミンB群もお肌の味方

さつまいもにはビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸
などのビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群は肌のターンオーバーを促す働きがあり、アンチエイジングには必須なんです。美肌作りには欠かせません。

 

ビタミンEは相乗効果を生む

先にも説明しましたが、ビタミンEも若返りビタミンと呼ばれるほどに抗酸化作用が強く、美肌効果の強い味方です。
ビタミンCと一緒に摂ることにより、相乗効果が生まれ、さらに効果が上がります。

 

その他、さつまいもの効果・効能

・免疫力の強化
・疲労回復
・生活習慣病の予防
・更年期障害の予防
・貧血予防
など、様々な効果、効能があり、特に女性はしっかりと取りたい野菜です。





牛乳の栄養と効果、効能

牛乳といえばカルシウムを思い浮かべますが、他の栄養素もたくさん含んでいます。子供だけではなく、大人もしっかりと摂りたい飲み物なんです。実は、上手に使うとダイエットにも役立ちますのでおすすめします。

 

カルシウムは美容に必須!

カルシウムは骨や歯を形成する大切な栄養です。そして筋肉や爪、髪を作るのにも欠かせません。健康維持と美しい体作りに欠かせません。

 

ビタミンAで美容効果

ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促しますので、美肌作りには必須のビタミンと言えます。逆にビタミンAが足りないと、大人ニキビや乾燥肌につながります。

 

牛乳がダイエットに活用できる!?

牛乳には脂肪分がたくさん含まれています。脂肪分と聞くと太るイメージですが、脂肪分の多い牛乳を、食事前にコップ1杯(約200cc)飲んでみて下さい。
すると、満腹中枢が刺激され、満足感が得られるんです。すると、食事量が減らせてダイエット効果が出るという活用法でした。

 

牛乳のその他の効果、効能

・精神安定効果
・基礎代謝の向上
・貧血対策
・骨粗しょう症対策
など、子供から大人まで牛乳は大切な栄養源なんです。


 

まとめ

さつまいも+かぼちゃ+牛乳のレシピを紹介しました。
食物繊維とヤラピン、マグネシウム、乳糖の4つの効果で、食事量が少ない人の便秘の改善に役立つレシピです。
便秘解消以外にも抗酸化作用が強いビタミンを豊富に含み、美肌効果が高い組み合わせです。
便秘や肌トラブルでお悩みの方はぜひ試して下さいね。


痩せてキレイになれたらどんな服が着たいですか?どこに出かけたいですか?
はるな愛さんが-10kgのダイエットに成功して美容と健康を両立させたミラクルスムージー!
美容と健康に意識の高い女性に支持されています↓↓

スムージー,ダイエット,効果,レシピ,作り方,便秘,おすすめ,ホット






 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る